業種別に解説します!外資系転職の方法とは?


外資系投資銀行への転職方法

日系の証券会社に勤務している人の中には、外資系投資銀行に憧れを持っている方も多いのではないでしょうか。外資系投資銀行へ転職したいと考えているのであれば、その転職は結構難しいものだと考えることがポイントになります。外資系投資銀行への転職は狭き門なので、かなりの能力と経験が必要になります。日本の証券会社で経験を積んでいたとしても、その働いていた評価は低くなってしまう場合があるので注意することが大切です。

外資系コンサルの転職方法

外資系コンサルは一流大学出身の人しか働けないというイメージがありますが、そのような面を持っている会社は一部だけで、多くの外資系コンサルでは学歴はあまり気にせず、幅広く人材を採用しています。ただし、学歴が高くない人であっても豊富な経験がないと採用されることはありません。外資系コンサルに転職したいのであれば、現在の仕事で成果を出すことがポイントになります。

外資系メーカーの営業職は狙いやすい

どんな職種でも構わないから外資系企業に転職したいと考えているのであれば、営業職がおすすめです。営業職であれば、セールスの経験があるだけで採用される確率が高いからです。また学歴にあまり自信がない方でも、メーカーであれば学歴に関係なく採用してもらうことができます。

外資系企業に転職したいなら英語のスキルを上げよう

外資系企業であっても特に語学力を問わないところも多くありますが、転職の幅を広げたいのであれば、英語のスキルを上げておくことがポイントになります。英語ができることによって、さまざまな人とコミュニケーションを取ることができ、仕事の機会をつかみやすくなるからです。

外資系求人は探し方が大切です。仕事をしたいと考えている地域の情報を集めて探すことも、賢い探し方と言えます。