保育士ってどんなお仕事?保育士になるためのあれこれ


保育士になるには資格が必要

保育士は、子どもの成長に関わる、子どもと一緒にいることが楽しいと思っている人には非常に魅力のある職業です。しかし、子どもが好きだからといってすぐになれるわけではありません。保育士になるには国家資格が必要になります。では、どのように資格を取得すればよいのでしょう?

保育士の資格は、大学、短大、専門学校など保育士養成施設で定められた過程を終了する方法と各地方自治体が実施する保育士試験に合格する方法があります。そのため、自分の現状にあった方法を選ぶことができることはメリットです。

資格をとったらどうするの?

晴れて資格取得ができたら、求人などで自分にあった勤め先を探します。保育士が働ける施設としては大きく分けて「保育所」と「それ以外の施設」に分けられます。

まず、「保育所」には大きく分けて2種類あります。国の基準を満たしている「認可保育園」と国の基準を満たしていない「無認可保育園」です。認可保育園は、施設や職員数が充実しており、長く勤めることができ、働きやすいことが特徴です。無認可保育園の場合、働く場所や勤務内容によっては、自分の働き方にあわないところもあるので、募集内容をよく確認して応募する必要があります。

それ以外の施設には、認定こども園、家庭保育事業、児童福祉施設など市町村の委託を受けて開設している施設が多く、内容や施設規模によっては働きやすいこともありますが、やはり施設によって条件はまちまちなので、募集内容によく目を通して働きやすい施設を探すことが重要です。

保育士の派遣を大阪にて探すのに、地域密着型の求人の募集だと自宅から勤務地が近い場所を選べることができます。