工場の仕事はどんなタイプの人が働けるのか?


コミュニケーションが苦手でもOK

工場の仕事は単純作業が多く、決められた時間で始業、終業するため、人と喋ることが余りありません。コミュニケーションをとるのが苦手な人でも、喋る機会が余りないので周囲に気を使うことなく仕事ができます。黙々と作業をマイペースでこなしたい人にとっては、うってつけの仕事と言えます。但し、工場によってはチームを組んで作業をする場合があるので、事前に工場の下見や説明を十分聞いてから職場を決めた方が良いでしょう。どんな仕事でも、先ず仕事をキチンとすることが最優先なので、仕事を覚えて余裕ができてからコミュニケーションを取っても良いのです。仕事を長く続ける上で普段から「おはようございます。」くらいの挨拶はかわしておきましょう。

体力、集中力があった方が良い

工場によっては3交代の勤務体系のもあり、夜勤や早出の場合があります。就労時間が不規則なため、体力に自信がある人に向いています。流れ作業などは自分のペースで仕事が出来る訳ではないので、機械や他の人のペースに合わせるため体力が必要です。仕事の内容によっては一日中立ちっぱなしの場合もあり、足腰に持病がある人や体力的に無い人は、検査など座って出来る仕事を選んだ方が良いかもしれません。しかし検査等の仕事はミスが許されず、最も集中力を必要とします。どんな仕事でも先ずはやってみなければ判りませんが、自分の体調や体力を考え選んだ方が良く、事前に下調べして仕事をリタイヤするリスクは少なくしましょう。

住み込みの求人は夫婦で住み込みができる人を募集していることが多いです。職種によってはシングルの募集もあります。