派遣会社に登録をして秘書の仕事をする際に大事なことは?


現場で高く評価される資格の取得や研修の受講も必要

派遣会社に登録をして秘書の仕事をしたい人は、色々な現場で高く評価される資格の種類を把握したり、資格取得に向けた勉強の仕方を理解したりすることが重要です。たとえば、秘書業務に関するものでなく、情報処理や簿記、会計、英語などの資格検定を取得している人は、仕事上の様々な場面でスキルが役立ったり、周りから信頼をしてもらえたりすることがあります。また、初めて派遣の秘書として働き始める前には、色々な立場の人との接し方について学ぶため、対人コミュニケーションや接遇マナーに関する研修会に参加をするのも良いでしょう。派遣会社によっては、研修を含めたサポートをしてくれるところもあるため、長く付き合えそうな会社を登録先に選ぶことがポイントです。

私生活になるべく負担が掛からないよう気を付けよう

派遣の秘書の仕事は、大手企業などで働く正社員の秘書と比較した場合に収入が低くなりますが、残業や休日出勤が無く、プライベートの時間を大切にしたい人にとって大きな魅力があります。そうした中、職場探しを始めるにあたっては、一日の秘書の勤務時間やメインの業務内容を確認するのはもちろんのこと、希望通りに休暇を取れるかどうか慎重に判断することが重要です。また、子育て中の人は体力面の負担が少ない業務を担当できるところや、土日祝日に休みやすいところを選ぶのがおすすめです。その他、秘書の配置が少ない派遣先においては、時期によって連日の勤務をお願いされるケースもあるため、採用面接の際に自分の希望を伝えておくことが大事です。

ライフスタイルに合わせて、秘書の派遣業務に取り組む事ができます。過去のスキルや経験を活用できる場合もあります。