プラントの施工管理って?仕事内容やメリットとデメリット


プラントの施工管理の仕事は多岐にわたる

建設業界でいうプラントとは、様々な製品やエネルギーを作る工場施設全体のことを言います。プラントの施工管理は、通常の建物建設で言う現場監督のような立場で仕事をすることで、進捗管理や品質管理、安全管理を含めた現場指導などが含まれますし、原価管理も重要な仕事の一つです。通常の建物と比べて規模が大きく、作る製品や扱う材料によっては高い品質が求められます。また、判断を誤ると大きな損害を出す危険性があるため、プラントでは他の施工管理よりも高いスキルや経験が要求されます。そのため、大学の工学部や理工学部で専門的な知識を習得した方や、一級建築士や技術士などの建築関連の資格取得者が働くケースが多いようです。

プラント施工管理のメリットとデメリット

プラントの施工管理の仕事は、あまり人の目にはつかないものの、社会的にインパクトがある施設建設に携わることになるため、働き甲斐を感じやすいのがメリットと言えるでしょう。日本の技術を信頼して、海外からも多くの引き合いが来ているので、日本では経験できない大規模なプロジェクトに携われる可能性があり、さらにスキルアップを目指すことができます。また、給料の面でも他の施工管理の仕事より高めとなっているようです。

プラントの施工管理のデメリットは、多忙であることです。施工管理の中には現場指導も含まれるため、他の職人と一緒に朝早く現場に集合する必要があります。また、現場仕事が終わった後も書類を作ったり、段取りを考えたりと仕事が尽きないため、ライフワークバランスを考えるのが難しい点がデメリットといえます。

プラントの施工管理は、建設の作業工程や工期計画の管理を行う仕事です。マネジメント能力を磨きたい人に最適な仕事です。