トレーラー運転手になるには?高待遇ってホント?


トレーラー運転手の仕事とは

トレーラーとはけん引自動車の荷台部分を指します。けん引自動車は運転する車両と荷台が分離しますが、前者をトラクタと呼び、後者をトレーラーと呼びます。しかし一般的にトレーラーと呼ばれる際は、トラクタとトレーラーが連結したけん引自動車本体を指す場合がほとんどです。トレーラー運転手の仕事は、トレーラーをけん引して目的地に運搬することです。

トレーラー運転手に必要なスキルとは

トレーラーを運転する際は、総重量が750キログラム未満であれば普通免許で大丈夫ですが、それ以上の場合はけん引免許と大型自動車運転免許が必要です。運搬する貨物はコンテナや建設重機、鋼材などの大きな貨物が多く、運搬する荷物の内容によっては危険物取扱者の資格が必要な場合もあります。トラック運転手よりも高度な運転技術が必要とされますし、長距離運転も多いことから、集中力だけでなく体力や忍耐力が求められます。さらにフォークリフト運転技能講習修了証を取得しておくと就職や転職に有利です。

トレーラー運転手の仕事の探し方

トレーラーを運転するには大型免許とけん引免許が必要であり、高度な運転技術が求められることから、トレーラー運転手は給与面での待遇が良いと言われています。経験者が優遇されることが多いですが、研修や教育体制が整った会社なら、免許があれば未経験でも採用して貰える場合もあります。求人誌、求人サイトだけでなく、運送会社のホームページなどでも募集していることがありますから、忘れずにチェックしておきましょう。

トレーラーの求人は運転免許だけが必要とは限りません。危険物を運ぶときは取り扱いの資格がいるなどほかの資格が求められます。